『コッコ』が熟していました。

物件の境界杭確認していると、隣地の樹木に『コッコ』を発見しました。『ムベ』と呼ぶ方のほうが多いのかもしれませんが、私は幼少期から『コッコ』と呼んでいます。同じような果肉に『アケビ』がありますが、こちらのほうが全国的にもメジャーでしょうね。この時期はちょうど実が熟して食べ頃です。
子供のころはこれを採るために、コンバイン袋(稲刈り時につかう袋)を持って近くの山に行っていました。当然ながら他人の土地ですが怒られたりしたことは一度もありません。高い所にある実は木によじ登って取っていましたね。今と違いその頃はとても身軽でした(笑)袋一杯採れた日はとても嬉しかったのをついこの間よのうに思い出しました。
果実の中に白いゼラチン質の果肉があり。さらにその中に黒い小さな種が多数入っているので口いっぱいに頬張った後に、勢いよく種を吐き出すのがとても気持ちが良かったですね。
つい手が出そうになりましたが、いい大人なので我慢です。