大淀川河口にある小さな島

今日は物件調査で月見ヶ丘と吉村町へ行ってきました。
車で赤江大橋を通る際に、大淀川河口の真ん中付近に小さな島がみえます。正式名は『丸島』と呼ぶそうです。
以前に城ケ崎付近の建設現場を担当していた時に地元史に詳しい方から、江戸時代から明治にかけて丸島に遊郭があったといわれた事を思い出しました。実際に丸島を挟んで右岸側と左岸側にそのような施設があったという痕跡はあるようですが、その当時にあのような大きな河口の真ん中にある小さな島に作るのは相当難しかったのではないかと思っています。昔の赤江港は海上交通の要衝として栄えていたようなので両岸の中心付近に位置していることから何らかの重要な中継施設みたいなものはあったでしょうね。
今では一ッ葉有料道路の橋が架かっており大きな橋脚が建っていますが、橋梁工事の際にも貴重な陸地として重要な役割を担っていたと思います。