延岡発祥『破れ饅頭』

先日、延岡で『破れ饅頭』を購入してきました。
延岡市幸町にある虎屋さんの商品で、小粒ですが上品な甘さで美味しかったです。
延岡でお土産のお菓子といえばこの『破れ饅頭』が有名だそうです。
虎屋さんの商品紹介によると(ホームページ引用)
ルーツは天孫降臨の地「高千穂」にあった。
慶長19年(1614年)、日向の国・延岡に生まれた「皇賀玉(おがたま)饅頭」は後に、その姿から『破れ饅頭』と呼ばれるようになった。
それは、天孫降臨の地、高千穂の「天の岩戸(あまのいわと)」伝説に登場するアメノウズメノミコトが手に持って舞った「おがたま」の実を象(かたど)ったものだった。
*大正時代の延岡の風物や名産などを記した書物「延岡大観」に破れ饅頭に関する記述があります。
今回、初めて『破れ饅頭』の事を知ったのですが、ほかにも知らない県内の特産品などがいっぱいあると思うので調べてみて、実際に手に取ったり、食べたりして宮崎のいいものを発見していきたいです。